寝不足気味の男性の写真

高血圧の顔の赤みはタオル体操で取れる

高血圧の顔の赤みはタオル体操で取れるということですが、そもそもタオル体操とは、顔をふくフェイスタオルを片手で握ったときに、指が付かない程度に丸めて、それを片手で持って、焼く30パーセントくらいの力で2分程握り、緩めるのを1分、それを2回と両手でも同様に、合計11分の体操を最低でも週に3回行うという体操です。
もちろん、毎日行う方が効果があらわれやすいです。
このタオル体操によって、タオルを握るのをやめた瞬間、血液がどっと流れ出す刺激により、血管の内壁が刺激され、血管を柔らかくする物質、一酸化炭素がでるため血圧が下がるそうです。
高血圧が降圧剤などを服用せずに、タオル体操により改善されるので、高血圧による顔の赤みやむくみ、ほてりなども改善されます。
高血圧の原因は、血液の汚れからくる、動脈硬化であるといわれておりますが、その動脈硬化がおこる理由としては、長年の生活のリズムが引き金であるといわれています。
例えば、長年の生活リズムの中で、食べ物も好き嫌いなどが個人個人にあらわれてきますので、食生活が大なり小なり乱れてきます。
それに加えて、ビジネスや家族、隣人、友人などの人間関係による大きなストレス、自動車や電車、自転車、バイクなどの便利な乗り物が普及したことにより歩く時間が減ることにより、運動不足になり、全身の筋肉が大なり小なり衰えていきますし、長年の喫煙行動や、アルコールの大量摂取などなどが要因であるといわれています。
高血圧症になると、降圧剤を服用し続けなければならないのですが、降圧剤をのんでいても、ふとした時に急に血圧が急上昇し、脳内出血などの命にかかわる大きな病気につながるおそれがあります。